2016年02月21日

フィレンツェSMN駅にタパス・バーがオープン。電車待ちに最適

DSC04319.jpg
カメラ:RX100


フィレンツェSMN駅構内に2015年の年末にオープンしたタパスバー「REALE」に行って来ました。結論は電車待ちの場合は使えます。夕食代わりに使うのはちょっと無理があるかなって感じ。

場所はフィレンツェ駅構内、右手16番線の一番奥。マクドナルドの奥にタパスバー「REALE」ができました。雰囲気は小洒落ていてとても良く、若い店員さんたちがきびきび働いるのでイライラ度もゼロ。とても良いと思います。

席に座るとドリンクのオーダーを取りに来ます。軽食はタパスと言っても、実際は小さなブルスケッタなんですが、それは自分でカウンターに行って注文します。もちろん温めてくれます。チーズ、野菜、肉など種類豊富で見た目も味も合格。値段も悪くない(1個2ユーロ)。

唯一残念なのがアルコールが高い!!!中生ビールで6.5ユーロ(850円)、カクテルが6〜7ユーロ(900円)。普通のお店の5割増しくらい、う〜ん、通うのは無理。一方カフェは普通の値段で座っても1杯1ユーロなのでお勧めです。

フィレンツェSMNの駅構内はマクドナルドとイマイチなカフェしかないので、ちょっと大人な雰囲気で待つなら最高の選択肢です。せっかくイタリアまで来てマクドで電車待つなんてちょっとダサいもんねぇ〜。
(トイレはたぶんあると思います)



フェイスブックではほぼ毎日、新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から友だち申請してください。どなたでも申請できます。

posted by amoitalia at 19:22 | フィレンツェの観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

Gelateria Caffé Lungarno

DSC04306.jpg

風邪気味の中、先週立ち寄ったジェラート店が素晴らしく良かったので紹介します。
2015年9月にできたばかりのこざっぱりとしたモダンな店構え。お店がゴージャスなんで敬遠していたんだけど、食べてみたらめっちゃ旨い!おかげで2個連続で食べちゃいました。一番小さなカップで2ユーロ!

お勧めする理由は3つ
1.席がタダで眺め良し
ジェラート店で席がある店は希少。川沿いでここまで良心的な店はそうそうない。これだけでも行く価値あり!
2.トイレがタダ
ジェラート店でトイレがあるなんで聞いたこない。トイレだけでも覚えとく価値あり!
3.ジェラート旨し
あいにくフルーツ系はないけどコクがあって旨い。イチジク入りリコッタ、アプリコット入りヨーグルト、キャラメル入りバニラなど具材がゴロゴロ入ってる

場所も良いし安いし旨い。家賃高そうだから、このままの料金だと潰れるのではと余計な心配までしています。店員さんの感じがとても良かったので当分通いつめて売上にすこし貢献したい気持ち。旅行者はぜひ一度行ってみて欲しい。超穴場!!!

店舗情報
Gelateria Caffé Lungarno
Lungarno A Vespucci 26 Rosso, 50123, Firenze
+39 0550124542
8:30 - 22:30




posted by amoitalia at 01:05 | フィレンツェの観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

トリノの魅惑のホットドリンク「ビチェリン」

bicerin Torino

トリノに行ったら一度はお試しあれ!

南北に長いイタリアには各都市ごとに個性的な食べ物がありますが、トリノにしかないと言えばこの「ビチェリン」。ずいぶん変わった名前のビチェリン(Bicerin)は、エスプレッソ・コーヒー、ホット・チョコレート、そして牛乳から作られるホットドリンクで、グラスに層状になっています。美味しくて本物のビチェリンは綺麗な層になっている、そして混ぜないで飲むことがとても大切なようです。

このトリノのドリンクは18世紀からあって、「三銃士」や「王妃マルゴ」のフランス人作家、アレクサンドル・デュマが絶賛したと言われています。

続きはこちら→『トリノ発祥の伝統ホットドリンク「ビチェリン」
タグ:レストラン
posted by amoitalia at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | トリノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM