2010年02月20日

ヴェネト州エステを観光する

ヴェネト州エステ
歴史深い町エステ

パドヴァから南に30km、ボローニャ方向にあるパドヴァ県内の町です。

町は自治制をもった古代の歴史をもちますが、封建制度をとったアッツォがこの地を治めた11世紀からひとつの町としての歴史が始まります。13世紀にはエステ、ボローニャ間にあるフッラーラを都市とした領土とされましたが、暴君で名高いパドヴァの領主エッツェリーノ・ダ・ロマーノに占領され、2回に渡る城の襲撃を受けました。14世紀には、エステの周囲を巡る都市間の領土争い(ヴェローナ領主スカーラ、パドヴァ領主カッラレージ、ミラノ公国ヴィスコンティ)となりましたが、15世紀ヴェネツィア共和国が発足、他のヴェネトの町と同様にその領土下となりました。

さらに詳しい情報は「ヴェネト州エステを観光する」をご覧下さい。他にもイタリア在住者からの貴重な観光案内やクチコミ情報、イタリア旅行に役立つ情報満載です。
posted by amoitalia at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | パドヴァ近郊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

バッサーノデルグラッパでお勧めのお土産

バッサーノデルグラッパ
おみやげにバッサーノ焼きを・・・
『ラ・ミモザ La Mimosa』

バッサーノの有名なものに、陶器があります。町中は陶器を売る店でいっぱい、特に町のシンボルであるアルピーニ橋の付近には多くの店が並びます。
その中でも私のご推薦はここ、『ラ・ミモザ』です。

ご主人ジュリアーノさんはここバッサーノで生まれ育ち、絵付師として30年のキャリアの持ち主。もちろん彼の父親の代も、そして彼の23歳になる娘さんも同様の職業についている、アルティジャナーレ(職人)一家。
バッサーノの陶器の美しさは、通常よりもやや低温で焼き上げたことによる色彩の特徴的な鮮やかさ、この土地の土からだから可能である比較的薄めの仕上がりによる繊細さなどからくるもの。

そこにこの店のご主人の得意とする季節の果実や花などのモチーフがなんともいえない優しい表情を醸し出しています。食器として使うもの以外は絵付けしてから釉薬を塗って2度目の焼成焼という作業を施していないものもあり、これが土の素朴さを残して彼の描く絵と微妙な良いバランスを保った作品となっているのが特徴です。

続きはこちら。「バッサーノデルグラッパでお土産」をご覧下さい。可愛いお店で日本へのお土産に最適です。
posted by amoitalia at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パドヴァ近郊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ヴェネト州キオッジャ

キオッジャ
イタリア屈指の港町キオッジャ

ヴェネツィア本島から南下約50kmにある町(市)がキオッジャです。ヴェネツィアはラグーナ(潟)の上に築かれた町。キオッジャはそのラグーナの南端に位置します。

ここはイタリア国内でも屈指の漁港の町。アドリア海沿岸では最大といわれています。もちろんヴェネツィア名物の数々の魚介料理はこのキオッジャで水揚げされたものを基本としており、ここを拠点にイタリア北部を中心とした多くの町に新鮮な魚介が運ばれていきます。

続きはこちら。「キオッジャを観光する」をご覧下さい。可愛くて綺麗な町です。
posted by amoitalia at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パドヴァ近郊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。