2013年07月30日

マッシモ・ベッリーニ劇場

カターニア
1835年、若くしてこの世を去ったカターニア出身の偉大なオペラ作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニに捧げられたこの劇場は、19世紀後半に建設が始められました。既に古く老朽化してしまっていた劇場を壊して立て直されたのが今の劇場です。劇場の完成記念として、ベッリーニの代表作であるオペラ“ノルマ”が上映されたのは、1890年の5月31日のこと。“マッシモ”とはベッリーニのことをこう呼ぶ人が多かった為だそう。


さらに詳しい情報は「 マッシモ・ベッリーニ劇場 」をご覧下さい。イタリア在住者からの貴重な観光案内やクチコミ情報、イタリア旅行に役立つ情報満載です。

posted by amoitalia at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カターニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

カターニア ウルシーノ城

カターニア
このお城は、シチリア王(神聖ローマ皇帝でもあった)フリードリヒ2世によって1239年から1250年の間に建設されました。ウルシーノ城の名前が命名されたのは1255年のことです。東海岸から街を守る要塞を建設する目的で、軍の建築家であるリッカルド・ダ・レンティーニの管理下で建設が進められました。現在もお城の近くに、お城の名前の下に彼の名前の記された看板が設置されています。その後しばらくは、王族の官邸として使用されていました。石垣を付け加え、再改築されたのは16世紀中ごろのことです。17世紀に、街の他の建築物と同様に地震とエトナ山火山噴火により崩壊してしまいます。1837年には、牢獄として使用され始めました。


さらに詳しい情報は「 カターニア ウルシーノ城 」をご覧下さい。イタリア在住者からの貴重な観光案内やクチコミ情報、イタリア旅行に役立つ情報満載です。

posted by amoitalia at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カターニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

カターニアのエトネア通り

カターニア
カターニアの街のメイン通り。1693年の大地震の後、町の復興に伴って造られました。当時は、ウツェダ公爵通り(Via Duca Uzeda)と呼ばれていました。その後、再び名前が変えられ最終的に現在のエトネア通りに落ち着いたのです。
街は、この道を中心に構成されており、ドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)から約3キロほど北に真っ直ぐ伸びています。無数のおしゃれなショップが並び、日中はショッピングを楽しむ観光客や地元民でいっぱいです。レストラン、パブ、バールなども多いので、夜遅くまで賑わっています。多くの、バロック様式の重要建築物、教会もこの通りにあります。

さらに詳しい情報は「 カターニアのエトネア通り 」をご覧下さい。イタリア在住者からの貴重な観光案内やクチコミ情報、イタリア旅行に役立つ情報満載です。

posted by amoitalia at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カターニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM